tel:097-594-0566

〒870-1151
大分県大分市大字市1282

大分市 大腸内視鏡 経鼻内視鏡 ピロリ菌 禁煙 がん検診

お知らせ

予約
MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

医療法人 綺山会 あけの胃腸内科乳腺クリニック MR21点滴医療法研究会

院長不在のお知らせ

6月3日(土)は院長大久保雅彦(外科担当)が不在となります。
 

大腸内視鏡の準備用個室 増築のお知らせ

当クリニックでは大腸内視鏡の準備を、プライベートを重視し、個室(トイレ付)にて行っております。今までは個室4室と少なく、ご希望日時に検査を行えないこともあり、ご迷惑をおかけしておりましたが、新たに3室増設し、計7室なりました。今後は、出来る限りご希望に沿えるよう努めたいと考えております。

関連施設開院のお知らせ

あけの胃腸内科乳腺クリニック
大分市小池原1534-1
097-576-7748
院長 明石 雄一
あけの胃腸内科乳腺クリニック

「機能性ディスペプシア:FD」について

【機能性ディスペプシア:FD】

機能性ディスペプシア(FD)という病名には、まだ聞き覚えがないと言う人が多いかもしれません。症状の原因となりそうな病気(胃がん、胃潰瘍、ピロリ感染胃炎など)がないのに、胃の「もたれ感」すぐお腹がいっぱいになる「早期満腹感」みぞおちを中心とした「痛み」、「熱い感じ」などが現れる病気です。今までは慢性胃炎と診断されていましたが、最近の研究で胃の機能異常が原因になっている事がわかってきました。FDはストレスがきっかけとなり発症する事が多く、食生活の乱れ、胃酸分泌の増加などが関与し胃の運動機能異常や内臓知覚過敏を引き起こすと言われています。

FDを診断するには、問診および胃内視鏡検査でがんや潰瘍、ピロリ感染などがない事を確認する必要があります。それらの病気がない事を確認した上で、原因の種類に合わせて適切な治療を行います。胃炎薬を飲んでも胃もたれ、満腹感、胃の痛みなどが改善しない方はご相談ください。

FDは本年3月のNHK「今日の健康・ためしてガッテン」でも紹介されました。

※FD:functional dyspepsia
※運動機能異常:胃排泄能の低下 胃拡張能の低下
※内臓知覚過敏:胃酸に過敏に反応してしまい胃痛を感じる

二豊ジャーナル投稿記事のご紹介

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌治療が保険適用に!

平成25年2月22日より「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」の除菌治療が保険適応となりました。
今までは(1)胃・十二指腸潰瘍(2)胃MALTリンパ腫(3)突発性血小板減少性紫斑病(4)早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃の4つの病気のみでしたので慢性胃炎の方は自費での治療が必要でしたが、これからは保険での治療が可能です。

ANK免疫細胞療法始めました

ANK免疫細胞療法始めました

ANK療法とはAmplified Natural Killer therapyの略で、自己のリンパ球を使った、がんに対する免疫細胞療法です。患者様のリンパ球を体内から採取し、特別な培養技術でNK細胞{NK細胞とは自然(ナチュラル)免疫の作用によって、がんを攻撃(キラー)するように働く細胞}を選択的に増殖活性化して点滴で体内に戻す治療です。がんの標準三大療法(手術・抗がん剤・放射線)とは違った、また他の免疫療法とは一線を画した代替療法です。残念ながら現在保険診療は認められておらず自由診療です。

当クリニックではこのたび実施に向けて大分県内ではじめて京都の専門培養センターと連携契約を行いました。興味のある方はお問い合わせください。
なお(株)リンパ球バンクのホームページで詳しく知ることが出来ます。

高濃度ビタミンC点滴療法

複数の患者さまから要望のあった高濃度ビタミンC点滴療法を開始いたしました。
合わせてマイヤーズカクテル(ビタミン&ミネラル)点滴も開始しました。

高濃度ビタミンC点滴療法は副作用のない抗がん剤としてアメリカ、ヨーロッパで注目されている治療法ですが、くわしくは当クリニックのホームページもしくは「点滴療法研究会」のホームページをご覧ください。

睡眠時無呼吸外来開設のお知らせ

平成23年4月より睡眠時無呼吸症候群の検査と治療を開始しました。

禁煙外来開設のお知らせ

平成22年10月より禁煙外来を開始しました。

午後3時以降に経鼻内視鏡を希望される方へ

予約の上、当日は昼食を取らずに指定の時間にご来院ください(朝食は食べていただいて結構です)。帰宅後の夕食摂取は自由です。

当クリニックの理念

  1. 私たちは患者の皆様に優しく接し丁寧な医療を行います。
  2. 全職員、専門職としてのプライドをもって日々研鑽に励みます。
  3. 常に最新の知識・技術の習得に努め質の高い医療を提供します。
院内に展示しているのは、大分県出身の同造形作家、赤川政由さんの作品です。

赤川政由(BONZE)
1951年 九州・大分県生まれ
1973年 立川市に銅板造形工房「BONZE工房」を開設
1979年 西武・アトリエヌーボーにて個展
個展、グループ展、企画展多数 中学校・高等学校の美術の教科書に作品が掲載
銅板造形作品で全国の街造りに参加
立川市在住

ご連絡先

ご不明な点やお問い合わせがございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

大久保内科外科(内視鏡)クリニック
〒870-1151 大分県大分市大字市1282番地
TEL:097-594-0566 FAX:097-542-2323


  • 大久保内科外科(内視鏡)クリニック受付

  • 夜間診療も行っています(予約制)
  • このホームページには最新の情報提供を心がけてはいますが、将来にわたって必ずしも常に正しく、すべてのものに対して有効であるとは限りません。
  • このホームページの情報利用の結果、万一利用者が不利益を被ったとしても、虚偽、または善意によらない意図を持って情報提供が行われた場合を除いて、基本的に利用者側の自由な選択、判断、意思にもとづき情報が利用されたものであって、いかなる場合にも当方はそれによる損害の責任を負うことはできません。
  • 本ホームページは、ホームページの利便性向上のため、アクセス解析を導入しています。


Page Top