tel:097-594-0566

〒870-1151
大分県大分市大字市1282

大分市 大腸内視鏡 経鼻内視鏡 ピロリ菌 禁煙 がん検診

ピロリ菌外来

予約
MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

医療法人 綺山会 あけの胃腸内科乳腺クリニック MR21点滴医療法研究会

ピロリ菌外来

ピロリ菌とは

ピロリ菌は胃の粘膜に生息する細菌で、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因に深くかかわっている事がわかっています。日本人の約50%(6000万人)の方が感染しており、また高齢者ほど多く、特に東アジア(日本・韓国など)の感染者は胃がんの発生率が高いと言われています。

  1. 胃・十二指腸潰瘍
  2. 胃MALTリンパ腫
  3. 特発性血小板減少性紫斑病
  4. 早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃
  5. ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

※上記1.~4.の疾患に加え5.ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎が保険適応となりました。
これでほとんどのピロリ感染の患者さまが保険を利用して治療が出来るようになりました。

  • 1)血液検査、尿・便検査、迅速ウレアーゼ試験、尿素呼気試験、鏡検法などでピロリ感染を確認する
  • 2)胃内視鏡検査により、慢性胃炎の所見がある事を確認する

慢性胃炎で除菌する場合は1)2)の両方を実施する必要がありますが、適応があれば医療保険で2次除菌まで治療が可能です。
除菌率は1次除菌で約70%、2次除菌で約95%です。治療をする事で胃がんの発生率を約1/3に減らす事が出来ます。
2次除菌でも除菌が出来なかった方で3次除菌を希望される方は、保険適応がないので全て自己負担となります。
日本ヘリコバクター学会は2009年1月に「すべてのピロリ菌感染者は除菌治療を受ける事を強く勧める」という勧告を出しました。
また2009年6月よりピロリ菌感染症認定医の認定試験を開始し「保険外除菌の対応施設一覧」をホームページ上に掲載しています。
当クリニックの医師は2名とも認定医です。また自費診療対応施設の認定も受けております。
ピロリ菌の詳しい説明・治療をご希望の方はお申し出ください。

ピロリ菌自費外来の対象者

  1. ピロリ菌の有無を調べたい方
  2. 胃がんなどの予防のためピロリ除菌治療を希望される方
  3. 3次除菌を希望される方

※上記5つの病気のある方は保険適応となりますので一般外来を受診ください。

検査・治療料金(税込)

【検査】

1.(尿中抗体法)
5,040円
2.(尿素呼気法)
8,740円
3.(血中抗体法)
5,040円

【1次除菌治療】

除菌治療+治療判定検査
18,000円
検査1.+除菌治療+治療判定検査
19,950円
検査2.+除菌治療+治療判定検査
23,660円
検査3.+除菌治療+治療判定検査
33,940円

【2次除菌治療】

除菌治療+治療判定検査
12,860円

【3次除菌治療】

除菌治療+治療判定検査
18,000円
Page Top